結婚生活2年半。別居生活1年半弱。やっとこさ離婚。 ブログ名も「離婚までの記録」→「離婚からの記録」にマイナーチェンジ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び火蓋が切られるのか否か
2006年07月04日 (火) | 編集 |
旦那に「このまま処理を進めます」とメール。

旦那 :「一人では、あの金額は、無理です」
あたし:「この前の話し合いで、キチンと決めたはずです。」
旦那 :「一人では、無理。無理なものは、無理。」
あたし:「とりあえず、電話をください」
    「電話いらない。話し合って決めた事だし、署名捺印もしました。
     それを、今更、無理と言っても仕方がないです。
     分割が無理ならば、親に借りるなり何なりして、一括で払ってください。
     それ以外、選択肢は ありません。」

という やりとりをしました。返信はなしです。

話し合いがついたはずなのに、払えないと言ってきています。
旦那メールの「一人では」ってのが、非常に頭にきます。
同棲してんだろーが。「一人では」を強調してんじゃねーよ。


行政書士さんに、相談するべきなのかな?
行政書士って、弁護士と違って間には入ってくれないんだよね、確か。

なんで、せめて潔く お金くらい払ってくれないのかな?
ねぇ、なんで?ほんと、最低の人間だよ。憎い。死んで欲しい。

どんだけ傷ついたか・・・。
それに対しての慰謝料と、あんたの借金の肩代わりだっつのに。
ふざけんな。

って、どうすればいいか、わからないよ。
裁判起こすしかないのかな?

方法としては、分割額を少なくして年数を延ばす。
月々7万×5年間で、この前、決着がつきました。
それを 月々5万×7年間にするか・・・。
って、分割額少なくしても、あいつの場合キリがない気がする。
変更したらしたで、また 絶対うだうだ言い出すし。

どうすりゃいんだ、ほんとに。

あー、イライラする。心に悪い。


憎くて憎くて仕方がない。
友達に憎んじゃ駄目だよーって言われたけど、
罪を憎んで人を憎まずなんて、あたしには出来ない。
この負の気持ち、よくないな。にしても無理。死んでくれ、ほんと。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。