結婚生活2年半。別居生活1年半弱。やっとこさ離婚。 ブログ名も「離婚までの記録」→「離婚からの記録」にマイナーチェンジ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹むら@神田
2008年03月25日 (火) | 編集 |
粟ぜんざい
神田「竹むら」の「粟ぜんざい」 老舗やねー。

今日は、「老舗コース」。「至福コース」とも言う。
神田「やぶそば」で「せいろうそば」を食べた後、「竹むら」で「粟ぜんざい」

「やぶそば」で「せいろうそば」しか食したことがない。
だってー、だってー、高いんだもーん
でも、お蕎麦美味しいし、お店の雰囲気が

「せいろうそば」=「もりそば」なんだけど、700円。 高っ!でも美味っ!
この、美味しいお蕎麦で「鴨なん」なんぞ、どんだけ美味しいのじゃろうか?
がしかーし、鴨なん1800円なーりー。普通のお蕎麦屋で2杯いけるね(笑
会社をやめる時に、来よう。最後の昼餐ってことで

「粟ぜんざい」は、夏に「竹むら」に行ったとき「期間限定だもんで、夏はないです」と言われ
夏の暑いときに、「揚げまんじゅう」を食べた思い出があり
今日こそは!ってことで「リベンジ粟ぜんざい」
美味でごわす
アンコを口に入れた後、同期と同タイミングで「おいしー」と感嘆の声をもらした。
てか、アンコうまっ!

「粟」である必要があるか?と言われたら
「どうでせう?それは、どうでせう?餅でも、いいでせう。」と答えてしまいそうだけど(笑

箸休めの「小粒でもピリリと いい味だしてる山椒」がたまらん。
桜の花びらの浮いた「桜の塩漬け茶」がたまらん。

この「粟ぜんざい」も、(たしか)730円と「なかなか、やりおるの~」という値段なんだけど
「ほっこり」できる店の雰囲気が、たまらん。また行きたくなる。


今日の気分:あげあげ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。