結婚生活2年半。別居生活1年半弱。やっとこさ離婚。 ブログ名も「離婚までの記録」→「離婚からの記録」にマイナーチェンジ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法律。
2006年05月20日 (土) | 編集 |
珍しく、朝の更新だよ。

今日も朝から離婚関連の本を読んでいるんだけどw
法律って弱者に優しくない。
優しいって表現が少し違うかもしれないけど。


婚姻生活の破綻後の不貞行為は
不貞行為とは認められないって、どゆこと?
ケースバイケースかもしれないけど
大概の本やWebには、そんなようなことが書かれてる。

極端な話し、
婚姻生活が破綻してたら、浮気してもOKですよーって事でしょ。
おかしいって、絶対。
婚姻生活が破綻せざるを得なかった人は、どーなんの?


しかも、決定的な証拠がないと駄目、みたいな。
だってさ、決定的な証拠とるってことは、方法として
①自分でがんばる
②旦那がボロをだす
③探偵頼む
パッと思い浮かぶところで、こんな感じ。

③は、お金かかるじゃん、かなり。
②は、確率低いじゃん。
①しかないじゃん。
決定的な証拠がないと駄目って、
明らかに浮気してんのわかってて、でも決定的な証拠ねッス
って人のほうが多いと思うんだけど。
証拠ないから、認めませんよーって、おかしいよ、絶対。

うちの場合、決定的な証拠はない。(写真とか)
メールと通話明細と、アタシの日記。
弱いなぁ。証拠としては。
メールは固いかもしれないけど。

旦那とキャバ嬢の女が同棲してるのは、確実だから
ほんとは、自分で張り込みwして、写真でも撮れば
確実な証拠ってもんが手に入るんだけどね。
でも、なんか、アタシそんなことまでしたくないってのが本音。
すごく苦しそうだし、精神的にキツイ。
そんな事してる自分に嫌気がさしそう。

離婚関連の法律って、制定されたころと時代が違うんだから、
臨機応変に改定していかないと。
昔の考え方だと思う。男性優位の。


ふと思ったこと。
浮気は、男の甲斐性って言葉があるけど
甲斐性なわけねーだろ、アホか。


って、アタシが吼えても、何も変わらないんですけどねw
本読んでて、あまりにも不条理!って思って、
思わず更新しちゃいました。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
証拠かぁ…
そうですよね、証拠、証拠ですよね。
って挨拶も無しにいきなり呟いてもねぇ(笑)
私、一番最初の浮気相手の証拠を見たのがメールだったんです。高校生が送るような甘ったる~いハート付きのメール。その時の相手は確か19歳のファミレスの店員だったかな?年も年だからまあ、これは仕方ないとして。ショックでしたよ。若かりし日に自分に向いていた言葉が他の女に向けて発せられた現実っていうのは子供を生んで引退した女にはキツかったですよ。
でもその後の相手は旦那の同級生だから私の2コ上。流産だか死産だかしてバツイチのそこそこ大人のはずの女が19歳並みの甘チャンメール…これはぶっちゃけ引きました(笑)
最後の半同棲愛人は23歳くらいかな?自分の店のバイトの子に手出したんですよ。最初の浮気以来、彼の携帯は常にロックがかかっていましたが私は気づきましたよ、ミニSDカードにはロックがかけられないって。旦那が寝てる間にカードだけ抜いて自分の携帯に差して開いたら愛人の全裸がいっぱーい!ヤッた後の写真だからノーメイクだし汚いしちょっとデブだし(汗)しかも画像サイズは横1200。プリントアウトするつもりだったのかい!?って思ったら気持ち悪くなってしまいました。これが長年の愛に終止符が打たれた瞬間でしたヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ♪
画像はもちろんインポート。コピーCDを何枚か作って仲の良い友達に託してあります。
私は養育費だけで慰謝料を取るつもりは無かったのでこれを法の前に振りかざす事はしませんでしたが、さすがに本人に言いました。
『お前、浮気の才能ないよ』
才能というか知能が適していないのかもしれませんね。

自ブログの投稿並みの自己満足コメントになってしまってすみません。
なんだか自分の時の事を思い出してしまって。その時は苦しくて毎日のように明日死にたいとか思っていましたけど今はこんな感じでかなりオイシイ笑い話です。ここまでくるとある意味気持ちイイですよ。これもバツイチの行く末サンプルのひとつとして心にお留め置き下さい。

追伸:最近毎日のように押しかけてしまってすみません。仕事柄、自宅PCに向き合っている時間が多くて気分を変えたい時に読ませていただいてます。決してストーカーとかじゃないですよ。
2006/05/20(土) 23:20:50 | URL | 美紅 #hlPxZLjI[ 編集]
>美紅さん

こんにちは。コメントありがとうございます♪

>若かりし日に自分に向いていた言葉が他の女に向けて発せられた現実
すごーく、よくわかります!
結局、恋愛の仕方なんて、そうそう変わるもんじゃないから、今、旦那が愛人に打つメールって、アタシに送ってたような内容なんですよ。

うちの旦那の場合、確信犯って感じでした。
昔から、携帯見られることを異常に嫌がる性格でして、今回は、用意周到に、アタシにバレないよーに進めてたみたいですが。。。
残念!アタシの方が一枚上手なんだなぁ。
って自分では、↑思ってるんですけどねw

旦那に、
アタシは、こんな証拠を握ってて
ここまで知ってんだぞー!って、どこまで手の内を明かすべきか、をすごく悩んでます。
旦那は、愛人がいることを認めないので
ほんとは、証拠を見せて、
これでどうだ、このやろ!ってやりたいんですけどねw
下手に手の内見せて、調停とかになった時に
アタシが逆に、足下救われても困るしなぁ。。。と。

めんどくさいですね、離婚ってw


2006/05/21(日) 13:57:24 | URL | はあさっこ #AWA4hr7s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。