結婚生活2年半。別居生活1年半弱。やっとこさ離婚。 ブログ名も「離婚までの記録」→「離婚からの記録」にマイナーチェンジ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーティー
2006年09月05日 (火) | 編集 |
今日は、会社の先輩(女)と後輩(男)2人が
たて続けに結婚するので3人の合同パーチー。

すげー痛い。ハッピーオーラ出まくりですからぁ~残念!(古

しかも、3人への質問コーナー(寒)の後。。。
司会 :「既婚者のみなさん、前にきてくださーい」
あたし:「・・・・・・」
同期以外には、旦那とのこと話していないので必然的に前へ。

司会 :「では、質問コーナー!○×札をあげてくださーい」
司会 :「生まれ変わっても現在の相手と結婚しますか?」
あたし:「×」

などなど、アタシには非常に微妙な質問の嵐。適当に答えておいたけど。
敏感な人は「はあさっこのとこ、うまくいってねーんでねーの?」って察知したかも。

今の会社にいる間に離婚したら、どんな風が吹くのだろうか?
先のこと考えると、退社→離婚→転職が望ましいけど。
そんな、うまく事が運ぶ訳もなく。
「離婚」というダメージが重くのしかかる。世間体が痛い。

こういう会があると、うちの旦那云々じゃなくて
「結婚した相手と幸せになりたかったなー」と強く思う。
「離婚なんてしたくなかったなー」と。

旦那と離婚したくないとかじゃなくて
単純に結婚した相手と生涯を共にしたかった。

叶わぬ願いだけれど、人生をもう一度やり直せたらいいのに、と思った。
そうしたら・・・って考えそうになるけど、人生に「たられば」はなくって。
そんなこと百も承知で、この離婚っていう自分の責任を一生背負っていかなきゃならない。家族にかけた迷惑も含め。

「離婚」自体は紙に書いてしまえば成立するけど、そんな簡単なことではないんだよなぁ。
なんか、悔しいな。すごく。
旦那が全て悪い訳ではなく、私にも至らぬ点があったにせよ
旦那に責任をとってもらいたい。どういう形で?
正直、死んでくんないかなーって感じw
これまた、うちの大馬鹿旦那は、自分が悪いとこれっぽちも思ってねー。
はあさっこに悪いことしたな、はあさっこの人生を狂わせてしまったな
なんて思いは、微塵もねー。それが、腹立つ。
むしろ「お前(あたし)が悪い」くらいの勢いで。

じゃあ、「すまん。本当に俺が悪かった。」って謝られたら許せるのかっていうと、話しが別だけど。
せめて、贖罪の気持ちというか謝罪の気持ちというか何かが欲しかった。

死にたくなる。(絶対、死なないけど)
そしたら、何にも考えないでよくなるし。世間体とか。

あたしは一生、バツイチを背負っていかないといけないんだなー。悔しい。
そんな背負っていくなんて 大それたことではないにせよ消せない事実。

この思いを、いつまでも引きずっていきたくない。もっと強くなりたい。

だからこそ、今回失敗した結婚生活をマイナスにするのではなく
プラスにしていけるように、自分の悪かった点とかを見つめ直したりして、2度と同じ轍は踏まないように生きていかないと。
言葉でいうのは簡単だけど、しっかりしないと。
何より自分と家族のためにも。


幸せになりたかった。
がんばれ、自分。



今日の気分:(そりゃもう)さげさげ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。