FC2ブログ
結婚生活2年半。別居生活1年半弱。やっとこさ離婚。 ブログ名も「離婚までの記録」→「離婚からの記録」にマイナーチェンジ。
7かめー&最終日 フランクフルトto成田
2010年09月25日 (土) | 編集 |
悲しいかな、最終日。

集合が10時過ぎだったから、早起きしてホテル周辺をウロウロ。
あっと言う間に時間が過ぎて、帰国の途。



ご飯
ホテル:ビュッフェ(サラダ、パン、サーモン、生ハム、グラノーラ、コーシーなどモロモロ)
機内食:サラダ、蕎麦、鶏肉のポルチーニマッシュルームクリームソース添え、プラムケーキ、パン
機内食:チキン、スクランブルエッグ、ポテト、フルーツ、パン

機内で見た映画
・ロビンフッド
・Letters To Juliet
・ヴィクトリア女王 世紀の愛
・The Last Song  号泣


旅を終えて:
ドイツ、サイコー。

あっという間の8日間ですた。
ほぼバス移動だったんだけど、ドライバーさんが運転した距離 約2600kmだって
後でマップ貼ろ。 こうやって見ると、色んなとこ行ったね。
イッタトコ



どこ行っても、街並みに「はうっ
絵本の中に入ったみたい。


ドイツでの食事は、
あまし期待していなかったんだけど、どれもこれも美味しかった。

あと、やっぱりビールとワインだにー。
お酒が弱いながらも、飲むようにしてみた、せっかくだから。
昼間っから酔っぱらうってのが初体験だったけど、
変に具合が悪くなることもなく、真っ赤な顔でウロチョロできた。

修行をつんで「ビールがうまいっ!」と思えるようになって、また行きたい、ドイツ。


旅ノートに走り書きが(笑)
「ドイツで、自転車通勤。ビールを飲んで暮らしたい。」

ドイツって、自転車大国なのねー。知らなかった。
いたるところで、颯爽と走る自転車を見たよ
もちろん、自転車専用道路もあるし、自転車用の信号機もあるし。


いい国だった、ドイツ。人柄も、優しいしね

「ニーダーヴァルトの丘からの眺め」
マタクルヨ
ダンケシェーン。
スポンサーサイト



6かめー ルートヴィヒスハーフェンtoハイデルベルクtoフランクフルト
2010年09月25日 (土) | 編集 |
「グーテンモールゲン」ってことで
ルートヴィヒスハーフェン→ハイデルベルク(20km/30分)

「ハイデルベルク」は、古い大学都市。

ハイデルベルク城とエリザベス門を見た後、アルテ橋へ。
その後、ハイデルベルクの街中を、テホテホお散歩。

魅力的なパン屋さんを発見したので、パンやらシュトーレンを購入。
友達のお土産にもシュトレーンをば。

「ハイデルベルク城から眺める城下町」
マチナミ


んで「ライン川クルーズ」のため移動
ハイデルベルク→リューデスハイム(124km/2時間)

あたしのドイツ楽しみポイントその3:「ライン川クルーズ」

この船に乗り
KD

こんな城や
城

あんな城を
おシロ

見ながら、ライン川を下る。
リューデスハイム→ザンクト・ゴアハウゼン(2時間)

船自体、ほとんど揺れないので、快適。

川のサイドに、古城が10個ほど。
バスにガイドブックを置いてきてしまったので、何が何やらだったけど
有名な城についてはアナウンスが流れます。ありがたや。
ローレライの岩、圧巻ですた。

これまた、ランチの時に、白ワインを飲んだので
顔真っ赤&パライーで、船に揺られ、心地よい風に吹かれ、サイコー

もちろん船上でも、ビールやワインが飲めますよ。


んで、添乗員さん&ドライバーさんの計らいで「ニーダーヴァルトの丘」へ。
ライン川とリューデスハイムの町を見渡せる場所。
絶景 ここ、また行きたい。

んで、移動
ザンクト・ゴアハウゼン→フランクフルト(96km/2時間)


ディナー後、これまたドライバーさんの計らいで「フランクフルトナイトドライブ」

「レーマー広場」
フランクフルト

ドイツの夜の町は、とても静か。
マイン川湖畔や、教会に立ち寄ったりして、最後の夜を満喫



ご飯
・ホテル:ビュッフェ(パン、ハムチーズ、ソーセージ、グラノーラ、牛乳、コーシーなどモロモロ)
・Rosenberger:サラダ、ポークカツレツ、アイス、白ワイン
・ホテル:サラダ、ビーフストロガノフ
・アイス@レーマー広場

行ったとこ
@ハイデルベルク
 ・ハイデルベルク城
 ・アルテ橋
 ・大学広場
 ・エリザベス門
@リューデスハイム
 ・ニーダーヴァルト記念碑
@フランクフルト
 ・大聖堂
 ・マイン川
 ・レーマー広場

走ったとこ
・朝:ホテル近くを40分@ルートヴィヒスハーフェン
・夜:ホテル近くの川沿いを40分@フランクフルト

本日の感想:
観光、最終日も充実した一日ですた。

ライン川下り、楽しかったなー。

最終日、添乗員さんとドライバーMr.ハインツのおかげで、
素敵な思い出が増えたのです。ありがたや。


5かめー フュッセンtoローテンブルクtoルートヴィヒスハーフェン
2010年09月25日 (土) | 編集 |
フュッセンに後ろ髪を引かれつつ
ロマンティック街道経由で、フュッセン→ローテンブルク(251km/4.5時間)

今日も、いきなし長距離移動。
ドライバーのMr.ハインツに感謝しつつ、グースカスー

「基本的に、多少眠たければ、いつでもどこでも寝れる体質」で良かった。特技だな(笑)


中世以来の姿を保った街「ローテンブルク」に到着。
ここも、お散歩するだけで、楽しー

お店の看板見たり、小さいお店がたくさんあるから退屈しないし。
もちろん、歩きながら街並みを見ているだけで、楽しいよ。

時間が足りなかったなー。

「ブルク公園からの眺め」
ニワ

「からくり時計」
シカケ時計

ローテンブルクについて、お昼ごはんの後に、街を自由散策だったんだけど
昼間に「ローテンブルクの地ビール」をグビグビしたもんだから
顔がマッカチンになり、ちとパライー(酔っぱらい)で、街を散策(恥)
頭はしっかりしてるんだけど、顔がね、真っ赤でね。

がしかし、街中に、顔の赤いドイツ人もチラリホラリいたから、安心。
大概、店先では、皆ビール片手でしたよ。


ツアーの人たち9割お酒好きで、みんなビール飲む飲む(笑)
「せっかくだから、飲もー」って、飲んではみるものの・・・。くぅ。


おっと、話しが反れた。閑話休題。


ローテンブルクは、まるっと1日観光したいかも。
城壁も、もっとグルリと歩きたかったし、
クリスマスショップも、じっくり見たかったし。
シュネーバルも、色々買いたかったね。

でもでも、楽しかった。またいつかってことで。


んで、明日のため移動
古城街道経由で、ローテンブルク→ルートヴィヒスハーフェン(220km/3時間)



ご飯
・ホテル:ビュッフェ(パン、ハムチーズ、ソーセージ、スクランブルエッグ、牛乳、コーシーなどモロモロ)
・PfannkuthenKuchel:サラダ、シュヴァービッシェマウルタッシェン、プリン的な、ローテンブルク地ビール
・中華:スープ、チャーハン、茄子炒め、豆腐炒め、海老チリ、青菜炒め、魚、杏仁豆腐

行ったとこ
@ローテンブルク
 ・マルクト広場
 ・市庁舎
 ・聖ヤコブ教会
 ・市参事宴会場(からくり時計)
 ・城壁
 ・ブルク公園

走ったとこ
・朝:ネッカー川沿いを颯爽と40分@フュッセン
・夜:ホテル近くの駅プラットホーム40分@ルートヴィヒスハーフェン
⇒「なんとなく、今日のホテル近くの治安は不安だなー」と思ってテホテホ走ってたら、近くに巨大駅が。
 ここならSafetyと判断し、ほぼ無人のプラットホームをジョギング。
 翌朝、違う方を徘徊RUNしてみたら、大都会に到着。こちらは、安心してジョグ。


本日の感想:
ローテンブルク、再訪強望。

行き残しがたくさんあるよー。
予習ゼロで行っちゃったから、またまた帰りのバスでガイドブック見て、
「ぬおーーーーーん。こんな店あったのねー。」って。復習(泣)


これまた、ホテルが
3日目の「ニュルンベルクのホテル」以外はだったにー。