FC2ブログ
結婚生活2年半。別居生活1年半弱。やっとこさ離婚。 ブログ名も「離婚までの記録」→「離婚からの記録」にマイナーチェンジ。
5かめー フュッセンtoローテンブルクtoルートヴィヒスハーフェン
2010年09月25日 (土) | 編集 |
フュッセンに後ろ髪を引かれつつ
ロマンティック街道経由で、フュッセン→ローテンブルク(251km/4.5時間)

今日も、いきなし長距離移動。
ドライバーのMr.ハインツに感謝しつつ、グースカスー

「基本的に、多少眠たければ、いつでもどこでも寝れる体質」で良かった。特技だな(笑)


中世以来の姿を保った街「ローテンブルク」に到着。
ここも、お散歩するだけで、楽しー

お店の看板見たり、小さいお店がたくさんあるから退屈しないし。
もちろん、歩きながら街並みを見ているだけで、楽しいよ。

時間が足りなかったなー。

「ブルク公園からの眺め」
ニワ

「からくり時計」
シカケ時計

ローテンブルクについて、お昼ごはんの後に、街を自由散策だったんだけど
昼間に「ローテンブルクの地ビール」をグビグビしたもんだから
顔がマッカチンになり、ちとパライー(酔っぱらい)で、街を散策(恥)
頭はしっかりしてるんだけど、顔がね、真っ赤でね。

がしかし、街中に、顔の赤いドイツ人もチラリホラリいたから、安心。
大概、店先では、皆ビール片手でしたよ。


ツアーの人たち9割お酒好きで、みんなビール飲む飲む(笑)
「せっかくだから、飲もー」って、飲んではみるものの・・・。くぅ。


おっと、話しが反れた。閑話休題。


ローテンブルクは、まるっと1日観光したいかも。
城壁も、もっとグルリと歩きたかったし、
クリスマスショップも、じっくり見たかったし。
シュネーバルも、色々買いたかったね。

でもでも、楽しかった。またいつかってことで。


んで、明日のため移動
古城街道経由で、ローテンブルク→ルートヴィヒスハーフェン(220km/3時間)



ご飯
・ホテル:ビュッフェ(パン、ハムチーズ、ソーセージ、スクランブルエッグ、牛乳、コーシーなどモロモロ)
・PfannkuthenKuchel:サラダ、シュヴァービッシェマウルタッシェン、プリン的な、ローテンブルク地ビール
・中華:スープ、チャーハン、茄子炒め、豆腐炒め、海老チリ、青菜炒め、魚、杏仁豆腐

行ったとこ
@ローテンブルク
 ・マルクト広場
 ・市庁舎
 ・聖ヤコブ教会
 ・市参事宴会場(からくり時計)
 ・城壁
 ・ブルク公園

走ったとこ
・朝:ネッカー川沿いを颯爽と40分@フュッセン
・夜:ホテル近くの駅プラットホーム40分@ルートヴィヒスハーフェン
⇒「なんとなく、今日のホテル近くの治安は不安だなー」と思ってテホテホ走ってたら、近くに巨大駅が。
 ここならSafetyと判断し、ほぼ無人のプラットホームをジョギング。
 翌朝、違う方を徘徊RUNしてみたら、大都会に到着。こちらは、安心してジョグ。


本日の感想:
ローテンブルク、再訪強望。

行き残しがたくさんあるよー。
予習ゼロで行っちゃったから、またまた帰りのバスでガイドブック見て、
「ぬおーーーーーん。こんな店あったのねー。」って。復習(泣)


これまた、ホテルが
3日目の「ニュルンベルクのホテル」以外はだったにー。


4かめー ニュルンベルクtoホーエンシュバンガウtoヴィースtoフュッセン
2010年09月24日 (金) | 編集 |
「グーテンモールゲン」ってことで、ニュルンベルク観光。

朝が早かったから、パキッとした冷たい空気の中で
テホテホ添乗員さんの後ろを歩きながら、街中を散歩。

「カイザーブルク城」
ニュル

朝市のドライフルーツ屋さんでFigを購入。店員さん、完全ドイツ語。
ドイツ語が解らないながら、拙い英語と得意のボディランゲージで
「これ欲しい。これ2ユーロ分欲しいのよー」って、アタフタフタフタ。
なんか、ちと色んなやりとりがあって、ドイツ好き度が、どーんとアップしたのです。


そんなこんなで、移動ニュルンベルク→ホーエンシュバンガウ(285km/4.5時間)


そして、あたしのドイツ楽しみポイントその2:「ノイシュバンシュタイン城」
西洋城デビューです。

もうさー、テンション上がっちゃうよね。なんでかしら。
現地の路線バスで、ノイシュバンシュタイン城へゴーゴー
山道を結構なスピードで、ゴインゴイン登って行くから、ちとチビる。
プチジェットコースターみたいな。

「ノイシュバンシュタイン城」
ノイノイ城
説明用のイヤホンガイドを片手に、城内観光。うほっ。
ロイヤルブルーが綺麗だったにー。ほんと、いい色だったよ。
あとね、白鳥、白鳥、白鳥。これでもかっ!白鳥。 って、感じ。

お腹一杯、お城を満喫した。


んで、今日最後の観光のため移動ホーエンシュバンガウ→ヴィース(30km/30分)

グリングリンの草原の中に、教会が。ちと、興奮。

「ヴィース教会」
ヴィース教会

バスの中で、
添乗員さんが「ヴィース教会」のオハナシをしてくれていたんだけど、全く聞いてなかった。
んで、教会見て、バスに戻って、ガイドブック見て、ガチョーン

涙を流したと言われる「鞭打たれる救い主像」が、見どころの一つじゃないですかっ。
全く見なかったよー。
「よくわかんなけいど、ロココ装飾すげー」って、天井とか周りとか見てた。あたしの、バカ。
って、満喫したからいんだけど、ちとね。せっかくだからね。

外観はシンプルなのに、中が凄いんだってばよー、この教会。
何時間でも、ぼーっと眺めていられる。

ここも世界遺産なんだね。へー。


てなわけで、ホテルに移動ヴィース→フュッセン(24km/30分)

ご飯
・ホテル:ビュッフェ(パン、ハム、チーズ、ヨーグルト、ソーセージなどモロモロ)
・Wirtshaus:ポテトスープ、フォレレンフィレ、人参ブロッコリンソテー、じゃがいも、カスタードパイ
・ホテル:サラダ、カレー、チキンカツレツ、ポテト、Mixペジ、プリン的な

行ったとこ
@ニュルンベルク
 ・カイザーブルク城
 ・美しの泉
 ・聖ローレンツ教会
@ホーエンシュバンガウ
 ・ノイシュバンシュタイン城
@ヴィース
 ・ヴィース教会

走ったとこ
・夜:ネッカー川沿いをヌラリ40分@フュッセン
⇒ホテル周辺を徘徊RUNしたことで「ホーエス城」を見ることができた。
 ネッカー川沿いを走ってたら、ライトアップされたが。ラッキー。



本日の感想:
ノイシュバンシュタイン城、遅咲きの西洋城デビュー。やったー。
想像以上に高地にあって、お城から見る城下の景色も抜群だったよ。

ヴィース教会も、良かったにー。

もちろん、ニュルンベルクの市内観光も楽しかった。


フュッセンのホテルも
ジム、サウナ、プールがあった。2人なのに、3人部屋だったし。
何より、立地が。フュッセン川沿いのランニングコースがポイント高しです(笑)
3かめー ベルリンtoドレスデンtoバンベルクtoニュルンベルク
2010年09月24日 (金) | 編集 |
今日もワイワイ、バス移動。
ベルリン→ドレスデン(163km/約3時間)

バスの中で、グースカピースカ寝てたら、ドレスデン到着。
街が、フィレンツェみたーい。テンションあがるー


ここでは、街を散歩。
んで、ドイツで買って帰ろうと思っていた「NICI」のカバぬいぐるみをGET
NICIカバは、北京旅行の時に、グレーカバ1体を購入したので、
今回は、白カバを1体購入。今、仲良く鞄についてます。可愛い

「ブリューリュのテラス」
テラス
見晴らし良くて、気持ち良かったにー。


んで、またまたバス移動ドレスデン→バンベルク(279km/約4.5時間)

4時間半バスに乗ってるんだけど、
景色が「緑、みどり、ミドリ、グリーン、green、grün」って、見渡す限り大自然なのです。
たまーに「緑、緑、牛、緑、緑、馬、牛、緑」って、時もあるんだけどね。

まぁ、お昼にビールを飲んだのでまたしても、グースカピー
気付いたら、バンベルク到着。ありがたやー(笑)


バンベルクは、街自体が世界遺産なんだって。へー。
戦禍を逃れ、1000年前の街並みが残ってるんだって。へーへー。

「ドイツのベニス」ってだけあって、ベネチアみたいだった。
小ベニス地区の川沿いのお家とか、花とか、景観全体が調和していて落ち着く。

小ベニス

この街もプラプラリ。アイスを食べながら、プラプラリ。


んで、またまたバス移動バンベルク→ニュルンベルク(65km/1時間)


ご飯
・ホテル:ビュッフェ(パン、サラダ、スモークサーモン、生ハム、牛乳、コーシーなどモロモロ)
・Augustiner:Brau Munchen:コンソメスープ、パン、ベルリナーコールローラーデ、マッシュポテト、ラズベリージェリー、ライトビール
・アイス@バンベルク
・ホテル:スープ、焼ソーセージ、マッシュポテト、ザワークラウト、パン

行ったとこ
@ドレスデン
 ・劇場広場、国民劇場
 ・ツインガー宮殿
 ・君主の行列
 ・フラウエン教会
 ・ブリューリュのテラス
@バンベルク
 ・旧市庁舎
 ・小ベニス地区
 ・大聖堂

走ったとこ
・朝:ホテルのジムで30分@ベルリン

本日の感想:
バンベルクもドレスデンも、イタリアを彷彿とさせる街。
イタリアに行ったのが役立った(笑)

ドレスデンは、マイセンの「君主の行列」が、迫力あったよー。
マイセンの陶器タイル25000枚で作られている壁画なのです。圧巻でした。


バンベルク、1000年以上前の街って、すごくね?
プラプラリするだけで、十二分だわよ。


2かめー アイゼナッハtoワイマールtoベルリン
2010年09月23日 (木) | 編集 |
「グーテンモールゲン」ってことで
アイゼナッハ→ワイマール(65km/1時間)

「ゲーテとシラーの像」
ワイマール

詩人ゲーテが生涯の大半を過ごした街「ワイマール」
可愛い街並みだった。あと、パン屋が素敵だった(笑)


次は、ゲーテ街道を通ってワイマ-ル→ベルリン(278km/4.5時間)

博物館島にあるペルガモン博物館に入ってブラブラしたり、ブランデンブルク門見たり。

「ベルリン大聖堂」
ペルガモン



何より、あたしのドイツ楽しみポイントその1:「ベルリンの壁」
ベルリンノカベ
あぁ、これがベルリンの壁か。一度、目にしたかったのです。
なぜか、写真を撮りまくりマクリスティ
全長155kmもあったんだって、この壁が。
高さは思ったより高くなかったんだけど、と言っても4m。越えられない壁だったんだよね。
見れて、良かった。




ご飯
・ホテル:ビュッフェ(パン、サラダ、牛乳、コーシーなどモロモロ)
・Schlemmerstube:サラダ、ハンバーグ、ポテト、野菜のソテー、アップルパイ
・ホテル:ジャガ芋のスープ、チキンパスタ、プリンみたいな

行ったとこ
@ワイマール
 ・市庁舎
 ・バウハウス
 ・ゲーテの家
@ベルリン
 ・ブランデンブルク門
 ・国会議事堂
 ・ベルリン大聖堂
 ・ペルガモン博物館
 ・ベルリンの壁

走ったとこ
・朝:ホテルの周り40分@アイゼナッハ
・夜:ホテルのジムで30分@ベルリン

本日の感想:
ワイマールの滞在時間は、1時間ほど。
もちっと、ゆっくりしたかったに。
団体ツアーだから、もちろん、仕方ないんだけど。


ベルリンも、ちこっとしか見れなかったから
今度は、街なかをブラブラしてみたいにょ。



ベルリンも、とてもいいホテルだった。
ジムはもちろん、サウナもあったのー。
1にちめー 成田toフランクフルトtoアイゼナッハ
2010年09月23日 (木) | 編集 |
いざ、出発っ! ゴーゴー!
というわけで、行ってきました「ドイツー」


成田→フランクフルト
今回は往復、ルフトハンザ航空。エアバス。


直行便で、約11時間。
映画観てたら、あっという間に着いた。


フランクフルト→アイゼナッハ
ゲーテ街道を通り、アイゼナッハへ。バスで約4時間(270km/4時間)


ホテル到着。
ホテル
素敵なホテルだったにー。



ご飯
・機内食:サラダ、かんぴょう巻きと桜大根巻き、牛肉のハンガリー風シチュー、マッシュポテト、パン
・機内食:ソーセージ、ザワークラウト、マッシュポテト、パン、アップルシュトゥルーデル
・ホテル:サラダ、チキンカツレツ、パン、ラドラー、などモロモロ

行ったとこ
・アイゼナッハ

機内で見た映画
・アリス・イン・ワンダーランド
・プリンス・オブ・ペルシャ
・アイアンマンⅡ
・ベスト・キッド


走ったとこ
・夜:ホテルの周りをアタフタ40分


本日の感想:
日本の酷暑から逃れ、半袖では涼しすぎるドイツに。晩秋の服装がちょうどいい。
うはっ、テンション上がるわぁ。

街が綺麗。ゴミが落ちていないのー。


今回はドイツ周遊ツアーで、30人の団体ツアーだったから、
1台の大型バスで、ワーワー移動。
バスの運転手 Mr.ハインツが素敵すぎた(笑)


道を走る車が、VW、OPEL、BMW、メルセデス。
車見てるだけでも、楽しかったお